中小企業の未来を変える 株式会社ブレインマークス

企業理念

「人が幸せになる会社」を目指して

「人が幸せになる会社」を目指して

ブレインマークスの目指す理想の会社は、
「人が幸せになる会社」です。

「人が幸せになる会社」になるためには、1)社員満足2)お客様満足3)社会貢献、がバランスよくできる会社にしたいと考えています。この3つのバランスのとれた「人が幸せになる会社」に必要なことを積極的に取り入れ、行動していきます。そして、私たちのクライアントの模範となる会社になりたいと思います。

毎日が試行錯誤の連続です。

ただ、私は経営者として未熟なため、毎日が試行錯誤の連続です。ブレインマークスも未成熟な会社で、まだまだ「人が幸せになる会社」には程遠い状態だと思います。ただ、本気で「人が幸せになる会社」になりたいと強く思っていることだけは、事実です。ブレインマークスが目指している姿、成し遂げようとしていることを共有し、その実現にむけて全員に協力し、実現していきたいと思います。

「人が幸せになる会社」になるための基本方針です。

  • 基本方針1

    社員満足を実現するために、“働き甲斐のあり、働く人が誇りをもてる”職場づくりに取り組みます。社員同士が尊敬しあう企業風土、お互い尊敬しあうための教育、クライアントの成長のために曇りなく打ち込める環境、コア・バリューによる価値観基準の明確化、わかりやすく透明性のある人事制度、高い給与水準、ワークライフバランスの充実、時短勤務、在宅勤務、など働く環境整備に取り組みます。

  • 基本方針2

    お客様満足を実現するために、徹底的にクライアントの「結果」にこだわります。「結果」を生み出すためには、「商品づくりへのこだわり」、そして、その商品を提供する「人づくりへのこだわり」だと考えています。クライアントのために役立つ「商品開発」、クライアントの支援のための専門知識と人間力をもった「人材教育」に力を入れています。

  • 基本方針3

    社会貢献に取り組む企業となるための第一歩は、本業で社会に貢献できるビジネスモデルにすることだと考えています。「仕事は誰かに役立つためにある」そして、「ビジネスを通じて社会をより良く変革する」と思えるビジネスモデルを開発し、仕事をしながらみんなが誰かの役に立っている、よりよい社会づくりに貢献しているという実感を持つことができるモデルづくりに取り組みます。

さらに、その収益を活用し、チャイルドスポンサー制度を皮切りに、孤児院からのインターン受け入れ、地域ボランティア活動への参加、寄付、障害者雇用など、身の丈にあった取り組みにチャレンジしていきます。
私たちは、「人が幸せになる会社」をつくりたいと心から思っています。「人が幸せになる会社」に一歩でも近づくために、働き甲斐のある職場環境をつくり、夢の実現に向かって、社員一人ひとりが主役となって輝ける会社にします。

社名にこめた思い

Brain-marksは、下記を意味する造語です。

経営の「覚醒、革命、知識、仕組みに高い専門性をもつ相談役」になるという意思表示です。

ブレインマークスが目指す世界

ビジネスで人々を幸せにする

1
私たちは、 “社長も従業員もワクワクして一丸となって働く会社”、“ビジネスを通じて、顧客、社会によりよい変革をもたらす会社”、“人が幸せになる会社”を日本中に増やし続けます。
2
そのためにブレインマークスで働く従業員、関係先、その家族を幸せにする会社になります。
3
私たちの夢とは、ビジネスで幸せの連鎖が生まれる社会にすることです。より良い会社をつくること、その会社で働くことに誇りを持つ人を増やし続ける会社になることで、社会に貢献します。

スモールビジネスの未来”とスモールビジネス経営者の人生”を変革する

私たちの夢を実現するためには、日々の積み重ねが重要です。私たちは、スモールビジネスの未来とスモールビジネス経営者の人生を変革するために存在します。すべての商品、サービスがこの目的に沿って提供されています。「ありきたりの商品、サービスを超える」という高い志を持ち、常に最高を提供するための探求を繰り返します。
一人ひとりのクライアントと真剣に向き合い、寄り添い、“人が幸せになる会社”という「結果」への道筋を提供することが私たちの使命です。

私たちが共有する価値観

私たちは、より良い働きやすい環境を一人ひとり意識してつくります。
そのためにブレインマークスで働く上でのコア・バリューを
自分のものとなるよう、積極的に実践していきます。
コア・バリューを常に心がけ、一人ひとりがブレインマークスの顔として、
プロ意識をもって働きます。